既にジャイロの始動性の問題は解決している。
結局エアクリーナーのフィルターの油不足で燃調が薄くなっていた。
フィルターのオイルを足して、更にエアスクリューを少し捻って調子は完全に戻った。

しかし、、、勇み足でマフラー買ってしまっていた。

KN企画のマフラー。
純正がふん詰まっていたのは明らかだし、折角購入したのだから使わんとね。

しかしこれがまぁ大変。
スクーターは本当に大変。

リアカウルを外す。
この四角い箱は消音材が入っている。
IMG_3987

左側の泥除けを外す。
IMG_3988

リアカウルステーを外す。
IMG_3989

後はボルトを外していくと、リアカウルのステーが外せる。
IMG_3990

マフラーとご対面。
結構錆でボロボロ。
IMG_3991
ぐるっと180度回転させながら外すことができた。

KN企画のマフラーと比べてみる。
IMG_3993

IMG_3994
これ、サイズ合わせるの大変だったろうなぁ。
→結果微妙にあってませんでした。

KN企画のマフラーには、ボルトとガスケットだけは付いている。
その他は純正ジャイロの部品を流用。
IMG_3995

KN企画のマフラーを装着してみるけど、どうもうまくはまらない。
かなりウンウンと押し込んでみるも駄目。

原因を探る為に純正マフラーを再度装着する等してみて判明したのがこちら。
IMG_3996

純正と形状が微妙に違う。
IMG_3997

ボルトを通す穴の先っちょの部分が1ミリに満たない位に長い。

しょうがないので、純正に形を合わせる為に鉄ヤスリでヤスリ掛け。
IMG_3998
柔らかいのですぐに修正は出来た。

でなんとか収まった様に見えたけど、カウルステーを付けようとしても付かない。
IMG_4046

どうしてもボルトが止められない。
IMG_4047
暫し眺めてみる。

,良分が高すぎて、△良分がハマらない。
IMG_4048

そうか。
この部分のツバ付きスペーサーが高すぎる。
というかこれは純正部品なので、KN企画のマフラーの形がおかしい。
とは言っても、たった1ミリ位のもの。
IMG_4049
KN企画は頑張っているとは思う。ここで1ミリ違っていれば、ズレが伝搬してボルトがハマらない場所が増える。
しょうがないので、スペーサーを削るか、1ミリ頭が低いスペーサーを作るか。
IMG_4050

後者を選択した。ワッシャーとナットで少しだけ頭が低いものを作った。
IMG_4051

そんなんやってたら、駆動系の冷却パイプにひびが見つかった。
IMG_4052

これも純正をそのうち調達せなアカンね。
IMG_4053

とりあえずボンドで付けて粘着テープで巻いといた。
IMG_4054

とりあえずね。
後、循環排気経路のリードバルブも掃除。
IMG_4055

なんか色々と綺麗になった。
カウルもきちんと装着出来た。

そして試走。
最高速は然程変わらない。所詮ジャイロ。
しかし心なしかトップスピードまでの時間がはやくなり、出だしのトルクもアップした。

古いチャンバーを振ってみると、なかでガラガラ音がするし、KN企画のものよりも重たい。
オイルがポタポタ落ちてきている状態だったので、中は2ストオイルだらけなんだろうな。
そら交換して正解か。

しかしスクーターは大変。