随分前に挫折したSDRのCDI分解。
ゴムが硬くてサブ基板は壊れるし、もういいやって感じで、ずーっと放置していたんだけど、久しぶりに掃除してたら出て来た。
ふと、試してみたい事がありほこりを払って風呂に入れてあげた。

ペイントうすめ液。
IMG_4045

3日位いれておくと、なんだかゴムがミカン位のブヨブヨになっていた。
こりゃいいな。
マイナスドライバーを持ち出してボリボリと掘り始める。
IMG_4044

暫く掘るとミカンからハッサク位になって来た。
ゴリゴリ行くとなんだか良くない感じになって来たのと、なにより臭いのでここで一旦終了。

再び3日位付けてみる。

表面はまたもやミカンの様になったので掘削再開。
シズキのフィルムコンデンサDMESシリーズかな。
IMG_4069

サイリスタはNECの2P4M、500V2A品。
IMG_4072

基板は片面実装で、裏からはリード線部品、表は表面実装。
IMG_4073
なんだか重要な部品が剥がれ落ちてる。
三菱マークの6564NSは、しらべたところ松下のAN6564NSで4回路入りオペアンプのOEMっぽい。

ダイオードはプラスチックパッケージになっていた。
IMG_4074

サブ基板もあったけど完全に崩壊して何がなんだかわからん。
このへんでまたハッサクミカン化してきたので、また薄め液に付け込んどいた。
続きはまた今度。