アルモクさんところのHS-1のテールランプ。
IMG_4546
このチャリ用のを付けたいんだと。
なんで丸?
時々この人のセンスがわからん様になる。
このスペースに赤いLEDそのまま埋め込んだらスッキリしてええんとちゃうかとは思ったり、これダイレクトマウントだと絶対振動で折れるんんとちゃうかとか色々思ったりする。
するんだけど、まぁいいや。

これを中身をバラして、LEDを点灯させることと、ナンバーランプの新設が必要なんだそうだ。
まずは、このLEDを光らす為の電流値を測定する。
IMG_4564
10mA〜30mA位で良いみたい。
IMG_4571


30mAも流してこの電池で良くもつな〜。
IMG_4568

仕様が分かったので、基板作成をします。
フレキシブル基板を使います。
IMG_4569
ハサミでチョキチョキ切れる基板で、こういう時便利。

ちょうど入る様に現物合わせをおこなう。
IMG_4570

ナンバー灯のLEDは白色じゃないと駄目なんだけど、白色LEDなんて持っていない。
しょうがないのXL125S出して八潮の秋月に行って買ってきた。
今日は初売りの日で、凄い混雑してました。
福袋もあったみたいだけど瞬殺されたみたいで跡形もなかったです。

ついでにこまごまと必要な物を買っとく。
IMG_4575

LEDは3ミリ砲弾タイプ。
そこそこ広角な奴を選択。
IMG_4578

リューターで3ミリ穴をあけて配線。
IMG_4580
配線はとりあえずUSBの口から抜いてるけど、このままだと装着できんだろうから、現物に合わせて新しい穴をあけてください。
ただ、基板が配線で直接引っ張られる形にすると、直ぐにイカれるので、その辺はちょいと工夫しないと駄目だと思う。


肝心の回路は680Ωを並列させただけ。
青色線(アクセサリー線)だけだと、14V÷680Ωで20mA。
それに加えて黄色線(ブレーキスイッチ線)で、14V÷340Ωで40mA。

スマホだと良くわからんけど、そこそこ明かるかな〜。
led

完成。
後の処理はアルモクさんに任せまーす。