このTV250、ウルフ250はアップハンドルに改造されていたので、ノーマル戻し注。
ただ、必要なパーツがちょくちょくない。

どうしても必要なパーツがこれ。
meter
トップブリッジとメーターステーを接続させるステー。
フルカウルのRGVと兄弟車だからか、スズキがそもそもそういう設計思想なのか、こういったところで部品点数が微妙に多い。
例えばSDRならトップブリッジ自体のアルミの鋳物にこのステーがついている。

前オーナーはなしのつぶて出し、当然ながら廃番部品。
最終的には3Dプリンターか何かで自作ステーかなぁと思っていた。
で、こういうショートパーツって解体屋さんも捨てちゃうのか、なかなかオークションにも出てこないんだよなぁと思っていたら、出ました。

うーん、たぶんこれの様な気がする。
meter.002jpg
しかし、あるはずの溶接されたナットが見えない。
別パーツなのか?どうなのか?実物を見てみないと分からない。
送料込みで1500円で勝負。

で、昨日届いたのでワクワクしながら開けます。
IMG_4620

うーんなるほど。
溶接されていたボルトが無いけど、たぶんこれ。
IMG_4622

多分錆びて固着していたのでドリルで飛ばされたんだと思います。
IMG_4623
ボルト側飛ばして欲しかったなぁ。
まぁいいや。

適当な低頭のフランジ付きナットをSDRのショートパーツから探す。
IMG_4633

とりあえず付けました。
IMG_4634
ウルトラ暇な時に溶接してもらうか、そのままか。
まぁそのままか。

その他諸々のパーツがウェビックから到着したのでそれらを取り付けていく。
このウルフの恐らく前々オーナーは、ゴム部品のダンパーの中にある余程スペーサーが嫌いだったのか意味が分からんかったのか、スペーサーが無いところが多い。
カウル類は殆ど。メーターケースも、その他も。
だもんで、ゴムダンパーがネジで絞められて潰れているところが多い。
これらも総取り換え中。

パーツは後一回位注文入れればほぼ純正状態に戻せる。

そういえば、面白かったのはブランクキーがパーツリストに載っていたこと。
IMG_4617
こういうのが売っているのね。近所の鍵屋さんで持ち込みキーコピーして貰えるかな。
まぁそれは追々。

スズキはこういったナットが大量に使われる。ヤマハは殆ど使ってないよね。
IMG_4618
水が溜まるので、大抵の場合これが錆びて固着する。
安いので問答無用でこれらも全交換。

キャブレターはゴムだけ交換。
IMG_4624

フロートを外してみるとなんか打痕あり。なんじゃろか。
IMG_4625

ついでにメインジェットやニードルジェットも確認。
正直状態は然程良くないけど、弄った結果では無くて、普通の経年劣化っぽい。
IMG_4626
ジェット類も出るうちに交換したいけど、現状動いていたので一回走ってからにしたい。
じゃないと原因が分からん様になりますけん。

またもややってしまった。
キャブレターのドレン。二個必要と二個発注すると、すんごい長いのが来るのであまる。
IMG_4627
キャブレターのドレンにでもつかうか・・・。

で、組み上げたキャブレター。
IMG_4619

これをマニュアル通りに組んでいくけど、ヤヤコシイねぇ。
88年式でこんだけヤヤコシイのであれば、この後沢山ソレノイドやらなんやらが入ってくると大変そう。
IMG_4632

暗くなってきて、キャブレターのチョーク栓がポロリと落ちて見つからない。
うわ〜インシュレータに入っていないだろうね。
指をつっこんで確認してみるけど入っていない。
どこに行ったんだろう。
TMキャブレターはSDRでも使っているので、予備を取り付けて蓋閉め。

もうちょい。

つづき