オタフクソースのキャッチタンク、RGV250Γの事例は沢山見るんやけど、WOLF250のは見ませんな。

ガンマーな皆さんの事例みていると大抵アンダーフレーム側にキャッチタンクを付けている。
otafuku
でもここって、エンジン右バンクのオタフク製造工場よりかなり上方に位置するので、ドレンにならないんじゃないかな、と思った。
パイプの中にオタフクが溜まるだけで、そのうち詰まってしまわないかな。
WOLF250は幸いな事にアンダーカウルがあって、そのステーがある。
そこでスペースは無いけど何とかならないかな。

ところで色々な先駆者の情報を見ていると、オタフクソースは1000卅行でだいたい小さじ一杯、つまり5娑未稜喀侘未蕕靴い海箸分かった。

キャッチタンクいらんやんけ

勿論、令和の時代、大気放出する訳にはいかんので、こんなキャッチタンクを制作しました。
IMG_4636

これをですね、内径7ミリのホースの中に突っ込んでアンダーカウルの下にタイラップ。
IMG_4638

左右とも、きっちり重力に従って落ちていくドレン&キャッチタンクが仕上がりましたとさ。
IMG_4639

いやほんま、1000劼5佞覆蕕海鵑覆鵑芭匹い任垢茲諭

つづく