秋月電子は5月6日まで休業するそうな。
通販は可能なんだけど、たかだか抵抗一個買うのに通販で煩わせるのも申し訳ない。
何をするにしても、色々と時間はかかる様になって来ている。

デジタルメーターのステーを作成をボチボチと。

オリジナルのウルフ250の水温計はこちら。
IMG_5501
3点支持で、支持するボルトと電気接点が共用になっている。

ケース側はこちら。あんまりスペースは無い。
丁度直径31ミリのメーター下部がスッポリと収まる感じになる。
IMG_5502

これに、デジタル水温計がスッポリ収まるようにしないといけない。
デジタル水温計の底面はこんな感じ。
IMG_5500
問題は締結部分で、これを長ナットで対応しようと思う。

座面を制作。
ここにM3の六角長ナットが入る感じ。
3d01

これに基板支持部分を作って、長ナットとの結合部分を作る。
スペース(製作代金)をケチる為にこんな風に重ね合わせる。
3d02
これで一回発注してみます。

次は、デジタル水温計にセンサーつけて校正しないと。