ごみの様な値段で流れていたRS250(アプリリア)の部品。
ひとつだけ買った。

ラジエター関連サーモスタットの部品。
IMG_5495
左がWOLF250純正部品、右がRS250のもの。
正直何も変わらない。

欲しかったのはこれ。
IMG_5496
サーモセンサー。
これは今後デジタル水温計の測定結果を校正する為に使う。
定価1700円位するんで、中古で良いか〜と思っていて、このセンサー部分は恐らくアプリリアもスズキも同じ部品を使っているはず。
ならば、色々プラスアルファついているRS250のこの部品、何か違いがあるのかな、と思って落札してみた。
もしかしたらサーモスタットあたり違う番手が入っているかもしれないし。

しかし中に入っていたサーモスタットもNTC50℃仕様で全く同じだった。
IMG_5492

年代が違うので表記は違うけど。
IMG_5493
ガンマもアプリリアも水温管理は全く同じでしたとさ。

敢えて違いがあると言えるのは、キャップの表記。
IMG_5494
イタリア語の表記が大きく記載されている位。
Ne jamais ouvrir a chaud(熱いときあけないこと)
圧力表記はどちらも1.1気圧。
この部分は、最初期のVJ21からVJ22〜RS250までずっと変わらなかったんだなと。