SDRからデイトナのタコメータを外して走っているけど、ある意味新鮮です。
もしかしたら無い方が視線がちゃんと前を向いてええのかも知れないなと思ったりもします。

前回、ポリパテ買って来て修繕中やった、SRX用タコメータホルダーですが、
iPhone 001

ええ感じに固まったので、600番の紙やすりで研ぎました。
iPhone 001

このSRXのメッキは本当に分厚くて硬いです。
600でガシガシ研いでも下地が見える気配は全然ありません。凄いなと。
まだ売っているなら新品ひとつ欲しくなりました。

着色して取り付けてみました。
色がね・・・
iPhone 005

まるでカップホルダーの様ですが、今のところ小さいねじ一つでくっついているので、このままジュースでも置けば、多分そこが抜けるでしょう。

せいぜい、、、
iPhone 012

ウェスを入れられる程度。

この状態で会社まで走って少し仕事してきました。
連休中遊び過ぎてピンチです。

帰りに秋葉原に軽くよって帰宅。
別に何も買ってません。

仕事から帰ってきて少しCDIを進めます。
回路図は実際の配置をイメージしながら書いてますので、読み辛いですが、PIC12Fを使っている事もあり、なかなか小さく纏まりそうです。
無題
なお、フォトカプラはシャープPC817から東芝のTLP621-2、ショットキはEK14からSD103Aに変更してます。

線が交差するところは抵抗やらダイオードやらをうまく配置すればジャンパ線が不要となりますので、そうしてます。
一箇所だけフォトカプラのコレクタ側でジャンパしました。
GNDはノイズ対策の為にぐるっと一周してます。

フォトカプラ入力側の抵抗値は悩ましい部分もありました。
iPhone 006
 最悪値ばかり見ていると反応が良すぎてノイズがのりますし、安定して動作させるにはどうしたらええものかと。

んで、まぁ色々と計算しては抵抗値を変えて実測です。
iPhone 007
 
フォトカプラの入力側直列は330Ω、820Ωとしました。
これで0.9-17mA、0.9-32mA流れます。
直列の抵抗はなるべく大きな物を使った方が、最低電圧と定格電圧の差が小さくなります。
実際10Vまでは実測で調査してます。
もしかしたらちょっと厳しいかも知れませんが、フォトカプラの定格があるので、長く使うならこれ以上は流したく無いのが心情です。

ノイズ対策の為にフォトカプラ入力側に並列に入れるシャント抵抗ですが、 3.3KΩを入れれば0.3mA程ゲタを履かせる事が出来ます。
これを入れるならもう少し直列抵抗値を下げないといけません。
一度グラフを書いて検討してみます。