今日は幕張でSDRオフがあり、天気も雨予報をぶっ飛ばし、バイクで走るにはとってもエエ感じです。

が、ブッチしてCDIをやるだす

どうしても夏の暑い時期でアナログ回路部分をテストしておきたいからです。

その前に機械式タコメータの照明を付けました。
ドナーはSRXのメータ配線です。
iPhone 018
思い切ってぶった切りました。
こちらは無事ついたので、まぁOK。
夜に再確認した結果はこんな感じ。
iPhone 001

やっぱスピードメータ側が暗いので、カエゥさん方式でライト増設しようかなぁと思ってます。
気が向いたら。

CDIですが、事前に100V交流をぶっこんで試してみました。
280V近く出てます。
iPhone 005
交流100Vはピーク141Vなので、まぁ大体あっています。

さて、箱を取り付けです。
リヤブレーキのリザーブタンクを取り外してあるので、その部分にCDIの箱を取り付けました。
テストベットなのでタンクを外さなくてもあけられる場所に付けます。
完成したらYPVSも同じPICでコントロールするので、タンク下に入れるのは余裕かな。
iPhone 017

ぎりっぎり、足に当たるかどうかの位置かな〜
ボルト一本で締まっているだけなので、長くは持たないと思いますが、まぁテストなんでええのです。

しっかりと配線を確認、、、っとキルスイッチの配線忘れてますな。
付け忘れた様です。
今更ハンダするのも面倒なんでYPVSへ送っている線を分けて使いまわしします。
まぁコンデンサを放電できればエエので、なんとかなるでしょう。

さてさて、プラグを外してキックしてみます。
プラグから火がバチバチと飛んでいます。どうやら配線は間違っていない様です。
そして心なしか、火が強力です。
まぁ250Vが500Vに昇圧されてるはずなんで、強力にはなっていると思います。

何回かキックしてみましたが、エンジンはかかりません。
試しにチョークを引くと、無事エンジンが起動しました。



これで一安心。
タンクを取り付けてもう一度位置を確認。。
iPhone 019

大丈夫、どこにも干渉してませんです。
防水とかしてないんで、雨の日は乗れませんな。

さて、このCDIですが、実はまだPICのプログラムを入れてません。
すなわちBTDCが7度固定です。
それでもちゃんと動作するのがえらいですね。

この後、一回りしてきましたが、インプレ出来るほどの距離はまだ走ってません。
もう少し乗り回したいところです。
一応8000回転位まで回しましたが、別段問題ありませんでした。
いやむしろ・・・?
想定通り、高回転側の方が調子よさそうげです。
低回転側はもう少し進角して上げないといけません。
きちんとPICで進角制御して上げたいですね。

最近140〜150km/h出している人たちが相次いでエンジン焼いてますが、ノーマルだともう少し進角を抑えてあげないと駄目なんかも知れません。
ノーマルの特性は一度測定したいです。

ここまで出来たので、来週末までにはじっくりとPIC側を見て行きたいと思います。
現在の回路図は以下の様な感じです。
無題
 
ピックアップのGNDをその他と共通にしてますから、本当はフォトカプラは不要なんじゃないかなって思います。
ノイズ除去には使えてますが、それならトランジスタでも大丈夫かな〜と。
このサイリスタはゲート電流がソコソコ必要なのでキッチリ計算すれば問題ないはずです。