スマホで馬力測定するアプリがあるんだけど、レビューは無いし、バイクで使ったというブログなんかも無い。
うーん、人柱系だろうか。

でポチってみた。1200円。アプリとしては高い。
でその話はおいおい。

今日はそのアプリのテスト、アルモクさんところに忘れた携帯充電池の回収、タコメータの配送、という3点をクリアする為にSDR200で移動する。

岡山国際であもも兄さんから受け取った通称「腹黒エンジン」は、PROXのピストンを入れてアルモクさんところにまだ置いたまま。
これもなんとかせねば。
でも今乗せ換えるとナラシしないといけないしなぁ・・・。
10月には箱根オフがあるみたいだし。

カタナのらねぇなぁ・・・。永遠に完成しないSDRがある限り、やはりカタナは不要なのか。
SDRって東京都内だと軽くて細くて速くて都合良いんだよね。



で、まぁランツァの点火時期を調査するところから。
IMG_1497

ランツァエンジンはマグネットが左クランクケースカバーにくっついているので、カバーを閉じて点火時期をみないといけない。
アルモクさんはこの点火時期がおかしくないかという事で疑っていて、それを見る為にタコメータを添えて確認したかったそうだ。
 

確認してみた。
10000位まで回してからスローで撮影。
うーん、別におかしくない。

何を疑っていたかというとランツァに組み込まれたトラクションコントロール。
ランツァのトラクションコントロールって、回転数が急に上がれば点火時期を遅らす制御をする。
SDR230ランツァ:燃え上がるYPVSコントローラ

特に新たなセンサーデバイスを付けて制御している訳でもないので、ブリッピングするだけで点火時期が変わるというものだけど、面白いよね。

上死点を確認するのにプラグを外したら、こんなんだった。
IMG_1499

アルモクの銀色号、まだまだ調整中。

で、ウダウダやっていたら目に入ったのがこれ。
IMG_1498

ホンダノビオ、という名前の何か。
元の姿:ホンダのウェブページ ノビオ〈PM50〉

これ、とある事情でまたどこかに展示されるらしい。
あーだこーだと言って、どうせ展示するならもうちょっと綺麗にしたら?と言ったら、塗るか、という話になる。

この「初音ミク」カラーが何ともまぁ微妙な感じ。
外人相手ならまぁアリかな、って事でこれを生かす事にして、となると纏まりの無いその他のパーツをどうするか。
初音ミクカラーを生かすのでその他を黒くしてしまえば面白いんじゃないの?って事でスイングアームとシートステーを黒くする事にした。

ホイールカラーが丈夫でええで、という話をしたら、急遽近所のオートバックスまで塗料を買いに行く事になった。
IMG_1501
 
オートバックスの帰りにSDR230ランツァ乗せてもらったけど、調子が悪いと言いながらもやっぱり速いと思う。
チャンバーなんてSDR200の奴が付いているだけなんだけど、やっぱり排気量が大きいのはパワー出す最短距離なんやな〜と思いました。

塗る部分を取っ払い。
IMG_1503
 
でガシャガシャ洗浄してペーパーで磨いて塗装。
これが結構大変。

塗装もするので時間がかかる。
終了時22時。
こんなはずじゃぁなかったのになぁ。

出来上がりはこんな感じ。
後はステッカーチューンとかでなんとか形になりそうな気がする。
IMG_1505
 
前後が黒くなったので、ノビオの緑色がより浮き上がる。

アルモクさんはこれをビアンキカラーと言い張るつもりらしいが、
bianchi_logo
実態は塗ってもらったエアプランツさんのところで適当に指定したら誰がどう見ても初音ミクカラーになったっていうのが真相らしい。

IMG_1506
 
まぁしかし、バラしながら分かったけど、これ手が込んでます。
面倒の塊。