ヴォスナーのピストンを埼玉の巨神イデサンが購入。
写真を共有して良いとの許可を得たのでチョイとご紹介。

ま、まずお約束をば。



3ETと2TVのピストン比較 2015年09月13日 オルタナティヴ 3ETと2TVのピストン比較
PROXの重量測定の結果 2016年04月24日 3代目 J SOUL シャカラッシュ
PROXピストンとSDR、DT200Rのピストン比較 2016年04月26日 ダンゴ三兄弟ピストン三兄弟〜PROX 

左からプロックス、DT200R、SDR。
IMG_9356


ヤマハがやる気無いので、外部ベンダーが頑張っているピストン。
その中でも本命のWossnorピストン。
イデサンが購入したのは66.4丱椒△如▲リアランスは0.06。その辺はPROXと同じ。


コーティングなんかもたぶんPROXと同じ。
純正やPROXと違って側面の削り込みが無いのが特徴。


面取り済みの様子。


底面。フライス加工されている。
変な切り欠きがあるけどなんやろか。
とにかくこの裏面がその他のピストンとは大きく違うところかも。
プロックスはかなりここを削り込んでいて、純正はオイル潤滑用の穴がある。
対してヴォスナーはかなりこの部分がガッチリしている。


内容物はピストン、リング二枚、ピン、クリップと標準的な構成。


重量は209gでヤマハ3ET純正ピストンとほぼ同じ。
あんまり肉抜きされていない様に見えるんだけど、実は重くない。
作り方が根本的に他のものとは違うんやね。
フライス加工されたピストントップが綺麗ですねぇ。


ちなみにプロックスのピストン。超軽い。
IMG_9340

まぁ横に大きな穴が開いていますから、その分PROXは軽いです。


世界最速のSDRチームでは、ワ○○コは歪んで駄目になるからPROXにしているって事だったんだけど、さてこのピストンはどうなのか。

4ストの世界ではかなり評判が良いこのピストン。
PROXの倍の値段がしますけれども、恐らくSDRの純正ピストンの代替品としても本命の一つになるんじゃないかと思います。
楽しみですね〜。